まず資産棚卸!

シュミレーション!ジュニア nisa(非課税)を今から始めるべきか?

ジュニアNISAってなに?お得な制度なの?
制度を理解して活用することが大事です。

この記事の信頼性

2020年のコロナ発生をキッカケに在宅(テレワーク)中心の上場企業勤務の会社員。4年間のアメリカ駐在を経験。日米の働き方を体験し、そんな私から実体験に基づく情報をご紹介します。(非課税制度を上手く理解し、活用すること)

この記事でわかること

・ジュニアNISAを2022年からでも始めた方がいいの?
・上限80万円投資した場合の運用結果の予測は?
・資産運用を学ぶ

ジュニア nisaを今から始めた方がいいの?シュミレーション♪

ポイントは3つ

1. 成人まで非課税で運用できる。
※成人年齢20歳→18歳へ変更予定
2. 非課税枠の上限は、1年で80万円
3. ライフプランを理解し、下落時も想定する。

1.ジュニアNISAはこどもの将来に向けた資産形成をサポートする非課税制度。

・非課税制度の対象者は? 管理は誰?

・日本に居住する0~19歳の未成年者が利用可能
・管理は親・祖父母などの親権者が行う

ジュニアNISAのスタートは2016年~

重要なのは、2023年で終了すること。

※非課税期間5年間 →移管(ロールオーバー)による継続保有が可能。

ロールオーバー??継続保有?
ロールオーバーは、『非課税期間を延長すること』です。

成人まで非課税で運用可能!

<こんなことも>
0歳からジュニアnisa →成人から一般nisaへ
を使うとずっと非課税で運用可能。長期×複利効果実感できる。

税金などのしくみはつみたてNISAを参考に!

2. 非課税投資枠の上限は?途中で引き出しはできないのですか?

非課税投資枠と払い出しタイミングについて、

・非課税投資枠:上限80万円/年
・払い出しタイミングが改正された。

制度改正により、2024年1月1日以降は、子供の年齢にかかわらず好きなタイミングで引き出すことが可能です。

現行制度 → 18歳まで払い出し不可
改正制度 → 2024年以降いつでも払い出し可能
※ただし、全額一括払い出しを行う必要がある。

出す時はすべての商品を売却し、資金を出すことになりますよ。

制度廃止によってジュニアnisaの人気がでました。

ジュニアnisaで儲かる金額をシュミレーションする!2022年、2023年


ポイントは3つ
 

1. シュミレーション金額
2. 開始年齢ごとの運用結果
3. 最悪の場合を想定すること

それではいきま~す。

1つポイントになるのが、子供の年齢によって非課税期間が変わります。

2023年に終了予定なので、

購入は、2022年2023年の枠のみです。

<ポイント>
①子年齢が若いほど非課税期間が長くなる。
②長期運用はリスク低減につながる。
③短期はリスク高い、長期はリスクは低減傾向

すぐに必要なイベントがある場合は、当然避けるべきです。

2023年にジュニアnisa投資を始めて、投資額80万円の場合で20歳までをシュミレーション

前提としては、

・2023年に80万円投資
・年利を3~7%で運用した場合
・運用先:S&P500、先進国株式前提

運用成績(年利情報)については、直近のレベルはこちらの記事へ。

開始時に子どもが0歳、5歳、10歳の時

どうですか?自分のお子さんの年齢から計算してみて下さい。
想定通りいきますか?きれいな右肩上がり?

最悪を想定してライフプランをシュミレーション、準備をすること。シュミレーション!ジュニア nisa

先ほどのシュミレーション通りで、子どもの年齢が若いうちに始めた方が複利効果を実感できます。

開始年齢が遅くなれば複利効果は減る+リスク増加。

シュミレーションは、右肩上がりの計算ですが、

実際は、上下を繰り返しながら伸びていくと考えます。
想定しておくこと

・資金が必要な時に下落する可能性有。
・引き出すタイミング考慮する。
・ライフプランを準備し無理のない計画。
・米国でも過去の下落・低迷期間は10年ある。

まとめ!シュミレーション!ジュニア nisa 2022

ジュニアnisaとは?ジュニアnisaで儲かる金額をシュミレーションしました。

まとめると以下のようになります。

記事内容まとめ

・非課税制度を上手く使う。
・開始時期、期間が重要である。
・下落時やすぐに必要なければさらに運用続けてみましょう。

あせらずに制度を理解し、運用する商品の検討をし、下落時の想定をする、ライフプランを意識して資産運用を検討してみてください。

資産形成セミナーへの無料参加

ライフプランや何から始めていいのかわからない方には、ぜひマネーセミナーに参加してみることをお勧めします。

こんな方におすすすめ

・マネーの基礎知識
・貯め方殖やし方
・保険のかしこい選び方
・老後の資金作り
・資産運用について

推薦図書:つみたてNISAこの8本をえらびなさい

今までに足りない情報は、こちらの推薦図書でさらに詳しく学んで資産形成の第一歩を踏み出して下さい。

まずは自分で学び、行動することが大事ですね。KAMI家の状況も近日中にUPします。

開設はてま?80万円で複利効果を理解する!ジュニアnisa運用80万円で複利効果を理解する。2020年、2021年、2022年の投資結果?想定からどうなっているのか?ジュニアnisa口座開設までの時間は?...